So-net無料ブログ作成

ナルト ネタバレ 最新 605 manga

ナルト ネタバレ 最新 603 manga確定 画像 画バレ ネタバレ。

リハビリを続行するオビトの耳にカカシとリンが2人だけで霧隠れの忍達に囲まれピンチになっているとゼツが伝える。

完全ではない体で、ゼツの協力を得てオビトは2人を救いに行く。

ナルトNARUTO 604話が発売前に最新603話『リハビリ』の確定ネタバレ(画バレなし)。

マダラに助けられ月日が経った頃のオビト、今なお体が自由には動かない。

眠り続けるマダラにかわってゼツに監視されるオビト。

ゼツはマダラからオビトを治癒させ使えるようにしろと指令を受けたらしい。

そのことを耳に入れてもオビトはリンとカカシのいる里に帰り2人に再会するのだと述べる。

それに対してゼツは出口は無い、マダラの指令でオビトを運び入れた後にマダラが大岩で閉めたらしい。

オビトが眠っている時にリン、バカカシと何度も喋っているそうだ。

外に興味があるゼツは外に出て調べると言う。

オビト「オマエ外に出れるのかよ」ゼツ「ボク達地中を移動出来るから」オビトは洞窟の外に抜けるためにリハビリのとして歩くことからはじめる。

リン、カカシと過ごしたことを頭に思いだしながら一歩一歩歩き、動き、人造体が自分の体になじんだ頃、髪も伸び、月日が経っていた。

そのころ外から戻ったゼツがオビトに伝える。

「リンとカカシの2人が霧隠れの忍達に囲まれてヤバイ」体は動かせるようになれたけれど、今なお洞窟の出入り口の大岩を壊すほどの力がないオビトにゼツが協力をする。

オビトはゼツを顔と体にまといリンとカカシを助けに急ぐ。

その顔はトビとしての仮面と同じだった。

ここでナルトの最新603話確定ネタバレが終わりで604話へと続きます。

604話のナルトを入手しましたらすぐにネタバレ書きます。


ナルト ネタバレ 604 確定2

ナルト ネタバレ 603 確定 画像 画バレ ネタバレ。

それを聞きなおさら木の葉に帰る気持ちを強くする。

ナルト漫画603話が発売前に最新602話『生きている』から確定ネタバレ(画バレなし)。

写輪眼を持つ白髪の老人は体からチューブが複数出ていて何処かに繋がっている。

白髪のうちはの男にオビトは誰だと問う。

「オレはうちはの亡霊 うちはマダラだオビト「マダラってオレのご先祖のうちはマダラか マダラならすでに死んでなきゃ変だろいつの時代の話だよ!?」マダラ「死神だった方がまだ信憑性があるか?そうだなある意味死神かもな この現実こそ地獄だ」マダラはその後も語り続ける。

マダラは魔像とつながっており、チャクラを常に供給されないと生きてはいられないそうだ。

里に戻ろうとするオビトに出口がないことと、2人ともこの体ではこの洞窟から出れない、動くと初代火影 柱間の細胞が体から落ちて死ぬぞと。

オビトに一生俺とやってもらいたいことがあると喋るマダラ。

敗者もなく戦争もなく憎しみがない世界を創造すると。

そんな話を聞いても帰る決意の変わらないオビトに思い通りにはいくことがない、いずれ気づくと。

オビトが動いて勝手に死んだならば残った写輪眼をいただくぞと。

自分の写輪眼は人に預けてあり、片目しか写輪眼がない、両目そろってこそ本当の力を出すと話すうちはマダラ。

それを聞き、オビトははたけカカシと2人そろってもっと強くなれると考える、リンを守れると2人を思い描き、なおさら皆のいる里に戻る心を深くする。

オレは生きていると。

ここでナルトの最新602話確定ネタバレの後半が終わりで603話へと続きます。

603話のナルトを入手しましたら即ネタバレ書きます。


ナルト ネタバレ 604 確定

ナルト ネタバレ 最新 603 画バレ 確定 画像 ネタバレ。

岩の崩れた下敷きとなったと思われていた、けれど生きていた10数年前のオビトが残った片目を開くと眼の前にいた写輪眼をもつ年老いた白髪の男。

ナルトNARUTO603話が出る前に最新602話『生きている』の確定ネタバレ(画バレなし)。

眼の前にいる老人が死神だと本気で考えたオビト。

死にたくないと泣き叫び、これまでにいたずらや悪いこともしたけれど、人助けもしてきたから地獄にだけは落とさないで欲しいと言う。

泣き叫び動いて痛みが出るオビトにうちはの老人は痛みを感じるのはまだ死んでいないということだと。

オビトが助かったのは奇跡だったらしい。

岩に半身が潰されたが、うちはの老人の作り上げた地下通路に血だらけで倒れていた、崩れた岩の横にと白髪の老人がしゃべる。

感謝を伝えるオビトにうちはの老人は助けた恩を返せと言う。

オビトは、長くはこの場所には居られないと言う。

現在は大戦中で写輪眼も使えるようになり、それによってこれからは仲間をしっかりと守れると。

そう伝える、オビトにうちはの老人はその壊れた半身では忍者は出来ないと伝える。

「この世は考え通りにはいかないことばかりだ 長く生きれば生きるほど 現実は苦しみと痛みと空しさだけが漂っていることに気づく」白髪のうちはの老人は語りを続ける。

光が当たる所には必ず影があり、勝者がいれば絶対に負けたものがいる。

平和を保ちたいとする利己的な意思が戦争をつくり愛を守るために憎悪が生まれる。

ここでナルトの最新602話確定ネタバレが前半終わり602話の後半と603話へと続きます。

603話のナルトを手に入れたらすぐにネタバレ書きます。

602話の後半は即書きます。
サプリメントダイエット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。